自宅での隔離 | Isolating at home

陽性が判明したら自主隔離が必要です。

自主隔離が必要な場合

陽性が判明した方のみ自主隔離が必要です。 

自主隔離期間中は自宅又は適切な宿泊施設で過ごします。 

隔離期間

症状が軽快するまで最低 7日間 以上の自主隔離が必要です。7日たっても体調がすぐれない時は隔離期間を延長してください。発症日又は陽性判明日 (無症状の場合) を0日目とし、その日から起算して7日間です。

自主隔離とは

自主隔離期間中は、特殊な事情を除き、自宅から外出できません。同居者がいる場合は感染防止に努め、濃厚接触者を出さないように注意してください。

自主隔離のアドバイス:

  • 他者と同室にならない自宅又は適切な宿泊施設に待機する。可能であれば、トイレや浴室も別々にする。
  • 運動はできるだけ自宅内や庭先で行い、自宅近辺に外出する際は他者から離れる。プール等の公共施設は利用しない。
  • 同居者との接触は最小限にする。それが不可能な場合は、1.5m以上の対人距離を維持し、鼻と口をしっかりと覆うマスクを着用する。
  • 家庭内のものを共有しない。
  • 同居者のものと一緒に洗濯しない。
  • 自主隔離中は訪問者を受け入れない。
  • 接触面は定期的に洗浄・除菌する。
  • 窓を開けて換気する。
  • 食品、処方薬、生活必需品は家族や友人に頼んで玄関先に置いてもらうか、宅配サービスを利用する。

自宅で自主隔離できない場合

自宅で安全に自主隔離ができない場合は、適切な宿泊施設を利用できます。オンライン手続きでお申し込みください。 

同居者が感染した場合

感染者と同居する方には、連日5日間の感染検査が推奨されています。陽性が確認された場合は、改めてすべての自主隔離ルールに従う必要があります。

毎日の検査で陰性が確認されれば外出できます。

外出の際はマスク着用を推奨します。特に、感染リスクの高いお年寄りや免疫不全症の患者を訪れる場合をはじめ、公共交通機関の利用時、屋内に人が密集している場所などではできるだけマスクを着用しましょう。 

在宅支援が必要な場合

食事・排泄・入浴等の在宅介護支援は継続されます。

家庭内接触者の世話をする介護者は、すぐれた手指の衛生慣行と適切な対人距離の維持をできるだけ実践する必要があります。それが不可能な場合、使い捨ての手袋やマスクといった個人防護具を必ず着用します。

介護者向けの情報 (external link)

病院での治療が必要な場合

あなた自身やあなたが世話している人が重症になった場合は、すみやかにダイヤル 111 へご連絡ください。症例:

  • 呼吸困難
  • めまい、意識を失う、異常な眠気
  • 口の周りが青くなる、又は血の気が引いて悪寒がする
  • 胸がひどく痛む

入院治療が必要な方は、帰宅して通常の生活へ戻るまでに時間がかかるため、医療関係者がケースごとに判断を下します。

新型コロナウイルス感染症関連の治療は無料です。

役立つ支援

多くの場合、家族や友人の支援で隔離を乗り切ることが可能ですが、必要に応じて役立つ情報や支援を利用できます。

個人・家族向けの各種支援

事業主向け支援 (external link)

陽性者・自主隔離者への追加支援

Last updated: at