新型コロナウイルス感染症とその症状 | The COVID-19 virus and symptoms

新型コロナウイルス感染症とは 

新型コロナウイルス感染症は、肺や気管支に影響を及ぼします。 

コロナウイルスは、一般的な風邪などを引き起こすウイルス群に属します。

新型コロナウイルス感染症の症状

次のような症状が現れます。

  • 咳、ひどい咳
  • 38℃以上の熱
  • 息切れ
  • のどの痛み
  • くしゃみ、鼻水 
  • 一時的な嗅覚喪失 

これらの症状があるからと言って、必ずしも新型コロナウイルスに感染しているとは限りません。風邪やインフルエンザといった一般的な感染症でも、これらの症状がみられます。

息切れは肺炎の徴候とも考えられるため、直ちに医師の診断を受けてください。

風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルスの症状がある時は、PCR検査について、かかりつけの医師又はヘルスライン0800 611 116へお問い合わせください。

その他の症状

まれに次のような症状を示す人もいます。

  • 下痢
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 吐き気と嘔吐
  • 精神錯乱、過敏症

現時点で感染から発症までの潜伏期間は明らかになっていません。世界保健機関は、潜伏期間を2〜10日としています。

新型コロナウイルスの飛沫感染

新型コロナウイルス感染症は人から人へ飛沫感染します。このウイルスは、⼈の「目、鼻、口」の粘膜から侵⼊します。 

感染者が咳、くしゃみ、話しをすると、ウイルスを含む飛沫が広がる可能性があります。飛沫は大きすぎて空気中に長くとどまれないため、周囲にあるものの表面に付着します。

Last updated: