ワクチン接種の対象者 | Who can get a vaccine

新型コロナワクチンは、現在、ニュージーランド国内にいる12歳以上の方なら誰でも無料で任意接種を受けられます。

ご予約は Book My Vaccine 又はワクチンヘルスラインで受け付けています。

新型コロナワクチンは、現在、ニュージーランド国内にいる12才以上の方なら誰でも無料で任意接種を受けられます。滞在資格や市民権の有無は問われません。また、受診時に収集される個人情報が移民管理に使用されることはありません。

予防接種によって、あなた自身だけでなく、ご家族や友人、地域社会を新型コロナウイルス感染症から守ることができます。

ここでは、ワクチン接種の条件 (年齢、妊婦や授乳期の女性、過去にワクチン接種でアレルギー反応を起こした方、基礎疾患のある方など) を具体的に説明しています。

12歳未満

現時点で12歳未満の方はファイザー社製ワクチンを接種できません。

65歳以上

ワクチンは65歳以上の方にも安全かつ有効であることが証明されています。

菜食主義者又はアレルギー持ちの方

菜食主義者でもワクチンを接種できます。ワクチンには動物由来の成分は含まれていません。

また、抗生物質、血液製剤、DNA、卵、胎児組織、グルテン、豚肉製品、防腐剤、大豆、ラテックス (ワクチン容器のフタは合成ゴムのブロモブチル製) も含まれていません

ファイザー社製ワクチンの成分一覧はこちら (external link)

妊婦の方

妊婦の方は、妊娠週数にかかわらずワクチンを接種できます。

海外ではすでに多くの妊婦が新型コロナワクチンを接種し、特に安全上のリスクはないことが確認されています。

また、胎盤 (臍帯) と母乳を通じて、母体から赤ちゃんへ抗体が移行し、赤ちゃんを感染から守る受動免疫ができると考えられています。

ご質問やご不明な点がありましたら、かかりつけの医療専門家にご相談ください。

妊活中の方

妊活中の方もファイザー社製ワクチンを接種できます。

ファイザー社製ワクチンが、遺伝子や身体の機能に影響することはありません。ワクチンのmRNA (メッセンジャーRNA) が、神経核内のDNA配列に達することはありません。

ワクチン成分や生成されたスパイクタンパク質が、卵巣や精巣に達することはありません。

過去にワクチン接種でアレルギー反応を起こした方

過去にワクチンや薬剤の注射によって、重度又は急激なアレルギー反応を起こした方は、かかりつけの医師や医療専門家、投与担当者へご相談ください。

過去にアナフィラキシーを起こした方

次に挙げる項目に起因して過去にアナフィラキシーを起こした方は、ワクチンを接種すべきではありません。

  • ファイザー社製ワクチンの成分
  • ファイザー社製ワクチンの第1回接種

ファイザー社製ワクチンの成分 — 保健省 (external link)

体調がすぐれない方、熱のある方

受診日に体調がすぐれない、あるいは38°Cを超える熱がある場合は、体調が回復するまでワクチン接種を延期してください。

別のワクチンを接種する予定の方

新型コロナワクチンと別の予防接種を同時に受けることはできません。ワクチンの種類に応じて、一定の間隔をあける必要があります。

インフルエンザ予防接種

新型コロナワクチンとインフルエンザの予防接種を予定している方は、2週間以上の間隔をあけてください。

すでに新型コロナワクチン接種を予約している方は、まず2回分の接種を受けてください (3週間以上の間隔をあけてから2回目を接種します)。2回目の接種から2週間たてば、インフルエンザの予防接種を受けられます。

まだ新型コロナワクチン接種を予約していない方は、先にインフルエンザの予防接種を受けてください。インフルエンザの予防接種から2週間たてば、新型コロナワクチンを接種できます。

はしか、おたふく風邪、風疹の新三種混合 (MMR) ワクチン

新型コロナワクチンの2回接種を先に受けることを推奨します (3週間以上の間隔をあけてから2回目を接種します)。

新型コロナワクチンの接種を先に受けた方は、2回目接種後、2週間以上の間隔をあけてから新三種混合 (MMR) ワクチンを接種してください。

新三種混合 (MMR) ワクチンの接種を先に受けた方は、4週間以上の間隔をあけてから新型コロナワクチンの第1回接種を受けてください。

基礎疾患のある方

臨床試験の結果、年齢、性別、人種、民族の違いや基礎疾患の有無にかかわらず、ワクチンの有効性が確認されています。

次のいずれかに該当する16歳以上の方は、優先接種の対象になります。

  • 現在の健康状態 (妊婦を含む) が、政府補助金によるインフルエンザ予防接種の対象となる方
  • 重度の精神疾患がある方 (統合失調症、重度の抑うつ障害、双極性障害、統合失調感情障害、青少年向けメンタルヘルスサービスや依存症回復支援サービスで療養中の成人を含む)
  • 高血圧症の自己管理が十分にできていない方、重度の高血圧症の方 (高血圧症治療薬を2種類以上服用している)
  • 重度の肥満の方 (BMI 40以上)

上記以外でも、深刻な健康問題を抱える方や、治療中/検査中/薬剤使用中の患者が、新型コロナワクチン接種を受ける場合は、保健省の公式ウェブサイトで詳しい情報をご確認ください。

ワクチン接種時に注意すべき諸条件 — 保健省 (external link)

Last updated: