正しい情報を見分ける | Getting the right information matters

誤った情報を伝えたり、人を欺いたりするため、意図的に操作された情報が広がることがあります。そのような情報は、虚偽のニュース、デマ、陰謀説などと呼ばれます。

新型コロナウイルス感染症を撲滅するため、全国民の協力が求められている今、これらの誤情報はその妨げとなり、人々の間に恐怖心や混乱を引き起こし、正しい行動をとりにくくします。

誤情報の発信を止めることはできませんが、私たち一人ひとりが注意深く見分けていくことはできます。

  • 匿名の発信者
  • 某政府機関の内部情報と主張しながら、情報の出所は不明
  • 一般に公開されていない情報や、国民に知られたくない情報だと主張する
  • ほとんどの場合、政府は「不都合な真実」を公表しないと主張する

非常時に注意すべきこと:

  • 情報を慎重に見分けましょう
  • 情報を拡散する前に内容の質を確認しましょう

政府公式の会見、ウェブサイト、ソーシャルメディアで信頼できる情報を入手しましょう。

デマの見分け方については、こちらをご覧ください。 (external link)